ガラス

ネット注文だから配送料金にもこだわってます! ~割れやすいガラス配送の舞台裏~

2019/04/24

ガラス配送料金

インターネットと宅配便の普及に伴い、全国どこでもどんな物でも手に入れられる便利な世の中になりつつあります。これからその傾向はさらに加速するでしょう。しかし、商材によっては配送方法や料金などに難しい課題があります。

割れやすい「ガラス」という商材はそのひとつと言えます。今、ガラスの配送事情って、どうなっているかご存知ですか?運送会社はガラスをちゃんと運んでくれるの?配送費は高くない?また、割れない梱包テクニックなどガラス配送の舞台裏をご紹介します。

ガラスのネット注文、ちゃんと届くの?

「重いし、高価なものだし、もし割れたらどうしよう・・・」と、ガラスをネットで買うことに抵抗がある人はまだまだ多いと思います。届いたガラスを開封して、もし割れていたら結構ショックですよね。そのお気持ちよくわかります。

ネットでガラスを販売しているコーワガラスショップでは、そんなお客様の不安を払しょくし、確実にガラスをお届けするためにこんな取組みをしています。

基本中の基本。しっかり梱包します!!

コーワガラスショップでは、1日あたり約50~100件のネットからのご注文に対応しています。枚数で言うと、だいたい120枚前後の梱包と出荷を毎日行っていることになります。

梱包材料は主に段ボールと発泡スチロールです。サイズや枚数によって梱包方法を変えています。
まず、ガラスは傷や汚れが付かないように紙で包みます。次にガラスの周りに発泡スチロールと段ボールでぐるっと一周カバーをします。

最後に強度を増すため、全体を段ボールで包みます。大きなガラスの場合はさらに補強材を入れたり、段ボールを重ねたりします。

万が一、配送中にドライバーが乱暴に扱った場合でもガラスが割れないように、これまでの経験値に基づいて適切に梱包しています。知恵と工夫が詰まった門外不出の技術です。

このように、しっかり梱包することはある意味で当たり前で基本中の基本ですが、過剰に資材を使い過ぎるのはコストにも影響しますし、環境面でも良くありません。バランスを考えた方法を確立しています。

ガラス配送

発送処理をスピードアップするため、自動梱包機を導入しています。少しでも早く確実に梱包することは、一人でも多くの人に1日でも早く発送するというコーワガラスショップの使命の実行につながります。

配送体制にもヒミツが…

時々ニュースになりますのでご存知の方も多いかと思いますが、ヤマト運輸をはじめとした運送各社の値上げ、大型品の受入れ拒否など、配送業界の事情は厳しく変化しています。インターネットショップでさまざまなものが売買され、運送会社が対応に追われていることに起因しています。

ネット上では、佐川急便の荷物の取扱いが粗いとか、ヤマト運輸が時間通り配達しないとか、西濃運輸と連絡が取れないとか、良くない噂も多々ありますが、コーワでは、ガラスという割れる商品を安く安全にお客様に届けてくれる運送会社として西濃運輸と特別な契約を結んでいます。それによって、お客様にご負担いただく配送料金を少しでも抑え、なおかつ確実にガラスをお届けすることを目指しています。

ただし、お客様の中には「ぜったいヤマト運輸がいい」と言われる方もたまにいらっしゃいますので、その場合は追加料金をいただいてヤマト運輸で出荷しています。これからますます宅配業界は変化していくでしょうし、コーワガラスショップでも柔軟に変化していかねば!と日々考えています。

お客様が納得する配送料金を追求!

配送料や梱包料は安い方がいいのは当然ですが、運送会社の人手不足は深刻で配送コストはどんどん値上がりしています(汗)。それでも、少しでも安く全国にガラスを安全にお届けするために、日々知恵を絞っています。

現在、鏡とガラスの自動販売機をはじめとするコーワのオンラインショップでは、ガラスのサイズや枚数、配達地域や配達先の属性などを考慮した配送料金の自動計算システムを導入しており、おかげさまで全国の多くのご利用者様からリピート注文をいただいています。配送料金にもご納得いただいていると理解しています。

コーワが格安料金で全国に配達できる理由

運送業者とは15年以上の取引実績があります。

コーワが最初に板ガラスを発送したのは平成13年(2001年)の4月でした。当時はインターネットではなく全国のタウンページ(電話帳)に広告を掲載して受注を開始しました。梱包のノウハウも確立していないのに1m×2mほどの大きな板ガラスを発送して割れてしまったことを昨日のように覚えています。それから受注数は年々どんどん増えて、運送会社とは大口取引用の契約を結び、お安く配送できるようになりました。

また、破損率が少ないため運送会社から信用されています。頻繁に割れてトラブルばかりだと運送会社は嫌がって取り扱ってくれなくなります。コーワガラスショップの梱包は運送会社からも信用されているので配送料金を安くできるのです。

配送料金は自動計算されます

コーワガラスの自動販売機」ではご注文時に梱包送料を瞬時に画面表示するシステムを導入しています。ガラスの種類、サイズ、厚さ、数量、お住まいの地域によって配送料金を決めています。どのように変わるのか、代表的な事例を用いて説明させていただきます。

事業所への配送料は安い!

個人宅は不在が多いことから配送料金が値上がりしました。特に大型商品の場合、地域によっては配送料金が1万円を超えることもあります。

最大手のヤマト運輸が家庭用と事業所用との送料を分けていないので、一般の方はイメージしにくいかもしれませんが、コーワが契約している西濃運輸では事業所への配送料を大幅に安くしてくれます。ですので、コーワのオンラインショップのお客様にご負担いただく配送料金も事業所への配達の場合は大幅に安くなります。試してみてください。⇒ 鏡とガラスと自動販売機

実際には、「事業所宛て」「個人宅宛て」を問わず、全額をお客様にご負担いただくわけではなく、ご注文内容に応じて弊社も負担しています。配送会社から請求される送料イコールお客様負担の配送料ではありません。

梱包送料を比較してみます

実際にガラスの自動販売機を使って、配送料金を試算してみました。よくあるご注文事例を用いています。

ケース1
配送先:東京都
注文内容:強化ガラス500×1800mm 5mm厚 2枚
商品代金:31,104円(税込)
事業所へお届けする場合の梱包送料:無料
個人宅へお届けする場合の梱包送料:4,104円

ケース2
配送先:沖縄県
注文内容:ガラス100×100mm 2mm厚 300枚
商品代金:14,580円(税込)
事業所へお届けする場合の梱包送料:432円
個人宅へお届けする場合の梱包送料:1,911円

ケース3
配送先:愛知県
注文内容:ガラス1800×1000mm 6mm厚 1枚
商品代金:23,328円(税込)
事業所へお届けする場合の梱包送料:無料
個人宅へお届けする場合の梱包送料:3,564円

いかがです?!
工場や会社などの事業所へのお届けならとても配送料がお安くできることがおわかりいただけたと思います。そうです!プロの方ほどガラスの自動販売機をお得に活用していただけるようになっています。

事業所へのお届けなら、全国どこでも最大で864円でお届けしています。商品代金が2万円を超える場合は弊社が全額負担しています。
それに対して、個人宅へはガラスのサイズと地域で計算してご負担いただきます。そのため、個人でご注文される場合でも、お近くのお友達のお店や会社にお届け先を指定していただくか、運送会社の支店に引取りに行っていただくと事業所と同じ配送料金でご注文いただけます。

4コマまんが「支店止めは配送料が格安♪」

ガラス配送料金

まとめ

ガラスをネット注文する場合、配送について不安を感じる方は多いようです。
しかし、梱包方法と配送料金の仕組みについて理解してもらえたら、お悩みは解消することと思います。ガラスをネットで買うことは決して難しい事ではありません。ガラスの自動販売機を上手に活用して格安でスピーディーにガラスを手に入れてください。

 

コーワガラス鏡自動販売機

ガラスのサイズオーダー 瞬時に金額を自動計算!

ライター

ネコロボ

ネコロボ

最初は素人だったけど、ここで勉強して、今はプロレベルだよ♪