【動画】ネコロボ事件簿「飛散防止だけじゃない?!ガラスフィルム」

2023/01/05

大雨で割れた窓ガラス...



ネコロボ
この前の大雨で、家の窓ガラスが割れちゃったんだ。風で鉄板が飛んできて、怖かったよ~。
割れたガラスが家の中に飛び散って、怖くて歩けないし、水びたしだし、とっても大変だったんだ。
大きな台風や地震だったら、もっと大きな被害になるかもしれないよね。
台風


ネコロボ
窓ガラスにはどんな対策をしたらいいの?博士、教えて~~。


博士
ネコロボ君、それは大変だったね。けがをしなくて良かったね。
日本は、大きな台風や地震がいつ起こってもおかしくないんだ。
万が一、窓ガラスが割れても危険を最小限に抑える工夫が必要だね。
ガラスに貼る飛散防止フィルムについて解説するよ。

飛散防止フィルムとは



ネコロボ
飛散防止フィルム?!それを貼っておけば安全なの?
飛散防止フィルム


博士
窓ガラスが割れると、床に散乱した破片を踏んで、足をけがしたりする危険性があるよね。地震や台風の場合は、逃げ遅れてしまう可能性もあるんだ。
飛散防止フィルムを貼っておけば、破片が飛び散らないから、安全性が高まるよ。


博士
それに紫外線防止効果もあるんだ。UV-A波もUV-B波もほぼ100%カットするよ。
人の日焼け防止だけじゃなく、家具やフローリングの劣化対策にもなるんだ。
紫外線防止


博士
それに、ガラスに貼るだけだから、施工が簡単なんだよ。

いろいろな効果



ネコロボ
すごいんだね。飛散防止フィルムって。


博士
効果はそれだけじゃないんだ。ほかにもいろんな機能を持ったガラスフィルムがあるから、紹介しよう。


博士
【防犯効果】
厚手で接着力が強い防犯用フィルムを貼っておくと、不審者がガラスを割るのに時間がかかるから、室内に侵入される確率を下げることにつながるよ。
防犯


博士
【目隠し効果】
スリガラスや型板ガラスみたいに目隠しできるフィルムもあるんだ。
おしゃれな模様のフィルムもいろいろあるし、色もたくさんの中から選べるよ。
目隠し用


博士
【反射防止効果】
ガラスの存在を消してしまうフィルムもあるよ。
光の反射を抑えるから、美術館の展示物やレストランの夜景をクリアに美しく見せることができるんだ。
反射防止


博士
ほかにも、スモークガラスやマジックミラーみたいに、太陽光を吸収したり、反射させて、室内温度を調整する省エネのためのフィルムもよく使われているんだよ。
太陽光

効果を長持ちさせるには



ネコロボ
やっぱり、すごいね!ガラスに貼るフィルムって。


博士
効果を長持ちさせるために、フィルムは窓の内側(室内側)に貼ってほしいんだ。
製品にもよるけど、室内側に貼った場合の寿命は約10年。
外側に貼ると、雨風(あめかぜ)に触れて寿命が短くなるよ。
どうしても外側に貼る場合は、外用のフィルムを選んでね。
室内用フィルム

注意してほしいこと



博士
それと、ワイヤー入りのガラスには貼らないでほしいんだ。
熱がこもったり、温度差ができてしまって、「熱割れ(ねつわれ)」が起こるんだよ。何もしてないのに突然割れちゃうんだ。
熱割れ

白く曇らないの?



ネコロボ
へえー、気を付けるよ。 フィルムを貼ると、白く曇ったように見えないか心配だなー。


博士
おすすめは、リンテック社の「ルミクールシリーズ」や3M(スリーエム)社の「透明飛散防止シリーズ」なんだけど、厚さはそれぞれ、77㎛(マイクロメートル)、76㎛(マイクロメートル)で、とても薄いんだ。
どちらも光の透過率は90%以上で、じっくり見てもフィルムが貼ってあることに気付かないくらいだよ。
極薄フィルム

まとめ



博士
●窓ガラスには飛散防止フィルムがおすすめ
●ガラスフィルムにはいろんな種類があるよ
●なるべく窓ガラスの内側に貼ろう


博士
ネコロボ君、ガラスフィルムの効果を理解できたかな?



ネコロボ
よくわかったよ!
僕は飛散防止フィルム付きの窓ガラスに交換するね。

ガラスと鏡の自動販売機



営業マン
コーワの「ガラスと鏡の自動販売機」なら、ジュースを買うように簡単にガラスと鏡をサイズオーダーできます。
サイズや厚さを入れると、瞬時にお見積り金額と発送予定日が表示されますので、そのまま注文して、あとは到着を待つだけです。
ぜひ、アクセスしてみてください。
鏡とガラスの自動販売機


ネコロボ
ガラスや鏡についてわからないことがあれば、プロに相談してみよう!
ちゃんとアドバイスしてくれて、商品の提案もしてくれるよ。


営業マン
コーワは、皆さんのお仕事やDIYを応援します。

ライター

博士

博士

鏡とガラスの専門家・ドクターKです。「博士」と呼ばれています。皆さんがよく巻き込まれるトラブルの原因やメカニズムを動画やコラムでわかりやすく解説します。